首都圏のマンションで
アルミ樹脂サッシのカバーは
アドオフィスにお任せください!

分譲マンションの窓は変えられます。
アルミ樹脂で快適空間を提供しませんか?

  • 単なる価格競争から開放されたくありませんか
  • お客様に本当に喜ばれる工法を導入しませんか
  • 自社の工法としてアピールして優位性を出したくありませんか
  • 夏涼しく冬暖かい生活を実現したくありませんか
  • この工法を提案して、他社の追随は無しにしたくありませんか
  • この工法はどのサッシメーカーの商品でも対応可能です

代表からのご挨拶

HPをご覧いただきありがとうございます。
アドオフィスは一級建築士事務所ですが、リフォーム改修工事の請負工事を中心に対応しています。
テーマは「開口部の断熱補強」です。
これは戸建て・マンション・ビルの開口部をアルミ樹脂サッシで断熱改修することで実現でき、
アドオフィスはこの分野で独自の工法「アルミ樹脂ウレタンカバー工法」をもって対応できる唯一の会社です。
今健康年齢が話題になることが多いです。
開口部の断熱補強でこの健康年齢を4歳若返らせることが可能です。
これは大学の先生方による論文でも明らかです。
人生100年時代に向けて健康で張りのある生活を送ることは多くの方のテーマです。
アドオフィスはこのテーマについて真剣に取り組み首都圏の開口部断熱に販促の活路を見出します。

代表 明官 徹 自己紹介

1981年現YKKAP入社。
新入社員で低階層物件を担当。
入社二年目より自分の物件の半分は自分で施工図を起こしていた。
三年目に上司に掛け合って二級建築士を取得。
5年目より本社に転勤、ハウスメーカーを担当することになる。
三井ホーム・カネボウハウジング・ダイケンホームを担当
7年目には三井不動産の山手台まちづくりに参画。
商品開発・企画と幅広く経験。
そのごハウスメーカーの特建部門(ビル物件)を4年間担当。
その後は販促部門、エントランス事業部、住宅建材本部と37年間にわたり多くを経験。
35歳で一級建築士を取得、36歳で一級建築施工管理技士、宅建士、38歳でインテリアプランナー取得。
37歳の時に友人を代表にして(有)アドオフィスを起業、現在に至る

私たちがお客様から
選ばれる理由をご紹介します

住宅・マンションの窓リフォーム業界
究極の技術を持つ アドオフィスの6つの強み!

アドオフィスは1988年創業の窓・開口部のリフォームをお客様に提供する会社です。
そんなアドオフィスを支える6つの強みとは!?

1、究極技術No,1 マンションカバー工法
アドオフィスのマンションカバー工法で施工すれば、東京23区に設定されている基準風速34mであっても、住宅用アルミ樹脂サッシを中層マンション(7階~8階くらい)に使うことができるようになります。

2、究極技術No,2 ウレタン発砲カバー工法
ウレタンカバー工法で施工することで、納期は2週間、コストは10~15%減を実現できます。

3、究極技術の組み合わせは業界唯一、アドオフィスだけ
マンションカバー工法とウレタンカバー工法の組み合わせができる専門企業は、全国でもアドオフィスだけです。

4、キレイにするだけではない快適な生活空間をご提供
ご紹介したカバー工法で施工することで断熱性能が劇的に改善します。(Uw値2.33)
マンション・戸建で、今までにない生活空間を提供しお客様に喜ばれることを目指しています。

5、結露抑制、健康寿命4歳伸延
ウレタンカバー工法は、内部が樹脂と木のみで構成されているため、結露の発生を抑制します。断熱性能向上と結露抑制によって、快適な生活空間が生まれ、健康寿命を4歳伸ばす病気にかかりにくい家となります。

6、冷暖房費抑制
アルミ樹脂LOW-E複層ガラスを採用し、併用してカバー工法で施工すると、冷暖房費を65%カットすることが可能。

アドオフィスにご依頼いただければ、2つの究極カバー工法を組み合わせることで、安心安全な体にもお財布にも優しい住空間に生まれ変わります。


資料請求

「急なトラブル、すぐに対応してほしい!」
「こんな工事、どこに頼んだらいいの?」
という方は、

まずはお電話で現状をご相談ください!

090-5821-8096

【受付】08:30~18:00